#ボーダレスな生き方

#インタビュー

#ハワイ

50代女性


Mさんは日本でハワイ出身の男性と知り合い、

結婚を機にハワイに移り住みました。

ハワイでの生活が、人生の半分ぐらいを占めるようになった彼女。

華奢で、控えめで、でも芯がしっかりとしている。

優しい声が印象的な、美しい人です。


今や5人の子供たちの母親として、

しっかりとハワイの地に根をおろしている彼女に、

ハワイに住むようになって感じたことについて、

以下のことを聞いてみました。


・ハワイでびっくりしたこと

・日本にもあったらいいと思うこと

・これからハワイに来る人へのメッセージ


====================


⭐︎︎ハワイでびっくりしたことって?

日本と違って、いろいろな人種が入り混ざって生活していることかな。

しかも、お互いが本当に平和に暮らしてる。

同じアメリカでも、ニューヨークだったら、

「それは差別」とか目くじら立てるかもしれない表現があるでしょ。

例えば、〇〇人だからケチだな、とかね。

でも、ここではそういうことをお互いに言い合って

笑い飛ばす雰囲気がある。

なんというか、おおらかな感じよ。


日系人も多いから、

日本語の言葉使いがそのまま英語になってたりする。

たとえば日本では、

年上の女性を「おばちゃん」って呼ぶでしょ。

親戚でなくても。

こちらでも同じように

"Aunty"って子供の友達から呼ばれたりするの。


⭐︎日本にもあったらいいと思うことは?

うーんハワイの時間の流れ方かなあ。

ここはゆったりと時間が流れている感じがある。

だから、育児が大変でも、

まあ、なんとかなるか、って思える。

日本でも「あくせくしない」でいられたらいいなと思う。


⭐︎これからハワイに来る人へのメッセージは?

ぜひ、ゆったりとした雰囲気を楽しんでほしいな。


====================


後記)

実は、日本を離れて生活していることで、

「ここが大変」という話が出てくるかと思っていました。

でも、Mさんの語り口はあくまでソフト。


彼女の人となり、

それにハワイのおおらかさが混じり合い、

聞いているこちらまでがホンワカとする時間でした。


ハワイに関する本で、お勧めのものがあるか聞いてみたら、

本ではないけど、と言って教えてくれたのが、

Lee Cataluna


マウイ島出身の作家、Lee Catalunaは、

ハワイ最大の新聞で、長らくコラムを担当していました。

そのコラムで描かれるハワイが、Mさんは大好きなんだそう。


Leeのサイトでは、コラムもいくつか紹介されてますので、

ご興味のある方は、ご覧になってみてください。

https://www.leecataluna.com/portfolio_page/fast-vector-mobile/ 


IMG_0726





















===

「ボーダレスな生き方」では、

当事者の視点を通した現地事情をご紹介していきます。

体験に客観はあり得ませんから、あくまで主観。

気になる情報はご自身で確認してみてくださいね。