P1011332こんにちは、吉平です。
M家の人間が頼りないので番犬をしています。

M家は約1名を除き、ネコ派なので、
ボクは肩身の狭い思いをすることがありますが、
できる範囲で好き勝手をしています。

でも、この家にもらわれてきたばかりの時は、
ボクはなんでもかんでも遠慮していました。

ヒトのそばにいるのが大好きなボクですが、
目の前でドアが閉められてもシュンとしているだけでした。

でも、ある時、たまたま背伸びして
ドアノブに前足をかけたら、ドアが開いたのです。

ナントイウコトダ、ドアガアイタ!!!

有頂天になってしまったボクは、
次の日も同じことを試みてみました。
でも、1回目は前足がドアノブにかすっただけ。

アレ?

昨日はうまいことドアが開いたのに、おかしい。
その時のフォームを思い出すと、
もう少し上体が大きく伸びていた気がします。

そこで、2回目は後足を踏みしめて、
もっと思い切り伸び上がってみました。
すると、今度は前足がしっかりとノブにかかって、
ドアが開いたのです!!

コレダ、コノカンカクダ。

ふと、横を見ると、M家のYが
「うわ〜、これぞPDCA!」
と何やら興奮してノートにメモっています。

どうもYは、それまで、
Plan-Do-Check-ActのDoとActの違いを
知らなかったようです。
なぜ、Plan-Do-Check-Doじゃダメなの、
って、Yは全然ものごとをわかってませんね。

Plan(ドアを開けたい)っていう気持ちがあって、
Do(やってみたら開いた)そして、
Check(どうして開いたのかを振り返る)があっての、
Act(こうすれば開く)

だから、DoとActは、やってることは同じに見えても、本質的に違ってる。
そこには、「たまたま」から「確信」への進化があるんだよね。

何かができるようになっていくって、
こういうことの積み重ねなんじゃないかな。 

そうそう、DoがあったからActにつながったことを忘れないでね。
まずは、◯◯したいって具体的に思うこと。
そして、いろいろと試してみること。 
うまくいかなかったとしても、
これではうまくいかない、ということがハッキリするから、
次に見えてくることがある。
今や、家のドアならどこでも開けられるようになったボクの言うことを信じてほしい。

ドアの閉め方も習得するように、とYには言われているけれど、
それはまた別の話。