こんにちは
めじろそらクリニックの松永です。

認知行動療法、対人関係療法、マインドフルネス…etc.
いつも通勤電車で、精神療法に関連した本を読んでいます。

精神療法の研鑽に努め、日々の診察に活かすため…

なーんて言うと聞こえはいいのですが、
実はもう少し軽い気持ちで、目を通してます。

世の中には様々な精神療法がありますが、
治療として確立されたどの精神療法にも、
先人が試行錯誤して、
こんなふうにしてみたら、
生きるのが少し楽になった、
というエッセンスが詰まっています。

それまで
つらくてつらくて
毎日がしんどくて、と思っている人に
なんらかのパラダイム・シフトを起こす力が
精神療法にはあるのです。

心療内科の医師やセラピストは
悟りを開いた行者とは違うので、
私たち自身も、それぞれの課題を抱えて
日々生きています。
もちろん、私も。

時々、思わぬ形で、
人生の課題へのヒントをくれる、精神療法の本。
だから、私は仕事のため、というだけではなく、
自分のためにも読むことを楽しんでいます。

私自身が「なるほど!」と腑に落ちて
日々の生活の中で取り入れていることを
このブログでもご紹介していきたいと思っています。

gahag-0008977076