そらブログ

めじろそらクリニックのblogです。

カウンセリングって効くの?

臨床心理士・公認心理師の澤地です。

今回はカウンセリングの効果についてお話ししたいと思います。


「カウンセリングって本当に役に立つの?」
「カウンセリングの効果ってどの程度なの?」
「カウンセリングで症状が悪化することはないの?」
これらは、カウンセリングの有効性について誰もが抱く、素朴で切実な疑問ではないでしょうか。


こうした問いに対して、カウンセラーが「もちろん、カウンセリングはとても役に立ちますよ」と答えるだけでは、情報として説得力がありませんよね。なぜなら、その効果を裏づける具体的なエビデンスを示すことによってはじめて、信頼性の高い情報になると考えられるからです。


そこで、カウンセリングの技法の一つである認知療法(認知行動療法)の効果を実証した研究を一つご紹介します。その研究論文は、『中度から重度のうつに対する治療としての認知療法と薬物療法との効果の比較』と題され、2005年、アメリカの精神医学専門誌『Archives of General Psychiatry』で発表されました。

下記に研究の概要を記します。


目的:うつ病患者に対する薬物療法、認知療法、プラセボの治療効果を比較検証する。

対象:中度から重度のうつ病と診断された、1870歳(男女比:46)の患者240名。

場所:ペンシルバニア大学とヴァンダービルト大学

設定:患者を、①抗うつ薬で治療するグループ(120名)、②認知療法を実施するグループ(60名)、③偽薬を投与されるプラセボグループ(60名)にランダムに振り分け。

治療期間:薬物療法グループと認知療法グループが16週間、プラセボグループが8週間。

比較のための測定尺度HDRS(ハミルトンうつ病評価尺度)。


次に結果です。

治療開始から8週間の時点で、治療反応率は薬物療法グループが50%、認知療法グループが43%、プラセボグループが25%でした。つまり、8週間の時点で、認知療法は薬物療法と同様に、うつ病症状の改善率が高かったことが分かったのです。
 

さらに、16週目の治療反応率は、認知療法も薬物療法も58%という同じ結果になりました。

ただし、うつ病評価尺度の得点が正常範囲内(7点以下)へと移行した寛解率は、薬物療法グループが46%、認知療法グループは40%という結果でした。しかし、論文の著者たちは、こうした寛解率の違いは、認知療法を行ったカウンセラーの経験の差によるものだと考察しています。そして、認知療法を熟知したカウンセラーであれば、軽度だけでなく、重度のうつ病患者対しても、薬物療法同様の効果が期待できると結論づけています。

<治療開始16週目の治療反応率と寛解率>
カウンセリング4-1

 









認知行動療法に関しては、欧米で多くの治療効果研究が発表されていますが、日本での研究については、例えば、東京大学総合文化研究科、丹野義彦教授のHPにある『認知行動療法への3つの誤解 ―エビデンスを上げて反論する―』等で知ることができます。


また、認知行動療法以外の技法も含む、カウンセリング全体の効果研究に関しては、『エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究-クライアントにとって何が最も役に立つのか』(ミック・クーパー著、岩崎学術出版)で、さまざまな研究知見が紹介されています。
 

ちなみに、著者は重要な研究知見のまとめとして、「総じて心理的セラピーは、人々の精神的健康と福祉に対して肯定的な効果をもつという明白なエビデンスが存在する」「カウンセリングやサイコセラピーを受ける10人中8人近くが、受けない人の平均よりも大きく改善する」と述べています。

 


さて、ここまで読まれて、「今飲んでいる薬はすぐにやめてカウンセリングに切り替えたい」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、早合点は禁物です。
 

このブログの主旨は、一般に考えられている以上にカウンセリングには実質的な効果があるということをお伝えすることであり、カウンセリングが薬物療法に取って代わると主張しているわけではありません。

例えば、2016年に改訂された「日本うつ病学会治療ガイドライン」では、中等症例以上のうつ病では、薬物療法が第一推奨治療となっています。
 

いずれにしても、最も大切なことは、治療者側が患者様に対し、それぞれの治療法のメリット、デメリットを呈示し、患者様が「安心・満足・そして納得する」治療方針を共に決定していくことであると考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 1)DeRubeis RJ, Hollon SD, Amsterdam JD, et al. Cognitive Therapy vs Medications in the Treatment of Moderate to Severe Depression. Arc Gen Psychiatry, 2005; 62: 409-416.

 下記サイトにて原文のフルテキストを読むことができます。

https://www.researchgate.net/publication/7927686_Cognitive_Therapy_vs_Medications_in_the_Treatment_of_Moderate_to_Severe_Depression

 また、この論文の日本語による解説を、『精神科医療情報総合サイト e-らぽ~る』で読むことができます。https://www.e-rapport.jp/ebm/effect02/04.html

 2)質問の項目は、「抑うつ気分」「罪責感」「自殺」等、17項目で、評価の基準は07点=正常、8-13点=軽症、14-18点=中等、19-22点=重症、23点以上=最重症となっています。

 3)症状が50%以上軽減した患者数の割合。この研究では、研究開始時のHDRSの平均点数が23.4点であったため、得点が12点以下の患者数の割合を治療反応率とみなしています。

4) http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/tanno/

5)日本うつ病学会ホームページ『日本うつ病学会治療ガイドラインⅡ.大うつ病性障害』https://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/160731.pdf 

6)渡邊衡一郎『総説 精神科外来臨床における非薬物療法的アプローチの位置づけと期待―うつ病を例に―』総合病院精神医学、201325巻3号p.262-267.

#ボーダレスな生き方

#インタビュー

#ハワイ

50代女性


Mさんは日本でハワイ出身の男性と知り合い、

結婚を機にハワイに移り住みました。

ハワイでの生活が、人生の半分ぐらいを占めるようになった彼女。

華奢で、控えめで、でも芯がしっかりとしている。

優しい声が印象的な、美しい人です。


今や5人の子供たちの母親として、

しっかりとハワイの地に根をおろしている彼女に、

ハワイに住むようになって感じたことについて、

以下のことを聞いてみました。


・ハワイでびっくりしたこと

・日本にもあったらいいと思うこと

・これからハワイに来る人へのメッセージ


====================


⭐︎︎ハワイでびっくりしたことって?

日本と違って、いろいろな人種が入り混ざって生活していることかな。

しかも、お互いが本当に平和に暮らしてる。

同じアメリカでも、ニューヨークだったら、

「それは差別」とか目くじら立てるかもしれない表現があるでしょ。

例えば、〇〇人だからケチだな、とかね。

でも、ここではそういうことをお互いに言い合って

笑い飛ばす雰囲気がある。

なんというか、おおらかな感じよ。


日系人も多いから、

日本語の言葉使いがそのまま英語になってたりする。

たとえば日本では、

年上の女性を「おばちゃん」って呼ぶでしょ。

親戚でなくても。

こちらでも同じように

"Aunty"って子供の友達から呼ばれたりするの。


⭐︎日本にもあったらいいと思うことは?

うーんハワイの時間の流れ方かなあ。

ここはゆったりと時間が流れている感じがある。

だから、育児が大変でも、

まあ、なんとかなるか、って思える。

日本でも「あくせくしない」でいられたらいいなと思う。


⭐︎これからハワイに来る人へのメッセージは?

ぜひ、ゆったりとした雰囲気を楽しんでほしいな。


====================


後記)

実は、日本を離れて生活していることで、

「ここが大変」という話が出てくるかと思っていました。

でも、Mさんの語り口はあくまでソフト。


彼女の人となり、

それにハワイのおおらかさが混じり合い、

聞いているこちらまでがホンワカとする時間でした。


ハワイに関する本で、お勧めのものがあるか聞いてみたら、

本ではないけど、と言って教えてくれたのが、

Lee Cataluna


マウイ島出身の作家、Lee Catalunaは、

ハワイ最大の新聞で、長らくコラムを担当していました。

そのコラムで描かれるハワイが、Mさんは大好きなんだそう。


Leeのサイトでは、コラムもいくつか紹介されてますので、

ご興味のある方は、ご覧になってみてください。

https://www.leecataluna.com/portfolio_page/fast-vector-mobile/ 


IMG_0726





















===

「ボーダレスな生き方」では、

当事者の視点を通した現地事情をご紹介していきます。

体験に客観はあり得ませんから、あくまで主観。

気になる情報はご自身で確認してみてくださいね。

誰にも知られたくない秘密は守ってもらえるの?


臨床心理士・公認心理師の澤地です。
 

カウンセリングを受けてみたいと思ったのに、
きちんと秘密は守られるのか、
不安になってやめてしまったことはありませんか?

倫理的に、というだけではなく、実は公的にも
<カウンセリングで知り得た情報を外部に漏らしてはいけない>という
守秘義務が、カウンセラーには課されています。


臨床心理士になるには、
財団法人日本臨床心理士資格認定協会の試験に合格する必要がありますが、
この協会の倫理綱領には、〈秘密保持〉第3条として、次のように記載されています。

「臨床業務従事中に知り得た事項に関しては、
専門家としての判断のもとに必要と認めた以外の内容を他に漏らしてはならない」
 

また、2018年から国家資格となった公認心理師においては、
公認心理師法、第四十一条(秘密保持義務)で、

「公認心理師は、正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らしてはならない。
公認心理師でなくなった後においても、同様とする」

と規定されています。

さらに、この秘密保持義務に違反した場合は、

1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられると同時に、
公認心理師としての登録が取り消されることがある」

という、厳しい罰則も設けられているのです。

名称未設定




       






アメリカのTVドラマ『In Treatment のワンシーン


ところで、臨床心理士や公認心理師に課せられた守秘義務には例外があります。

これらの条文の
「専門家としての判断のもとに必要と認めた以外の内容」とか
「正当な理由がなく」といった表現は、
患者さんの秘密が漏らされる、あるいは開示される状況があることを示唆しています。


一般的には下記のような状況が考えられています。
 

自殺企図や自殺の可能性が高い場合。

患者さんが、子どもや老人など、自分より弱い立場の人間を虐待したりしている場合。

殺人など暴力的犯罪の危険性が高い場合。

 

上記のような例外的状況においても、
事前になぜ秘密を開示するかを患者さんに説明し、
それについて患者さんと話し合うことが、カウンセラーの基本的姿勢となっています。


---------------------------------------------------------
参考文献:
金沢吉展『臨床心理学の倫理をまなぶ』東京大学出版会、2006
佐藤進監修、津川律子他編『心の専門家が出会う法律―臨床実践のために【第3版】』誠信書房、2009
村上宣寛他『改訂 臨床心理アセスメントハンドブック』北大路書房、2008

前回、前々回とアップした「カウンセリングとは」

ご感想はいかがでしたか。

まだまだ続きがありますので、

今後もフォローしていただけると

嬉しく思います。


さて。

今日は、「ボーダレスな生き方」というシリーズを始めます。

というお知らせです。


現実世界には国境(ボーダー)がありますが、

心の中には垣根を作らなくて済むように。

そんな願いを込めて、

「ボーダレス」という言葉を使うことにしました。


このシリーズでは、

海外での生活や仕事について、

体験者の視点を通して綴っていけたらと思っています。


今、まさに海外で生活している方や、

出張で様々な国を訪れている方の体験などは、

直接伺ったお話をもとに。


現地の様子が生き生きと描かれている

書籍を発見したら、その内容を。


というわけで、ネタがあってこそのシリーズ。

気ままに、不定期に、アップしていきますので、

よろしくお願いします。


一人ひとりの経験は様々ですが、

誰かの苦労が、他の誰かの工夫に姿を変えたり、

その工夫が、また他の誰かの生活で楽しみに変わるような。

そんな、わらしべ長者的な展開を願って、

綴っていきたいと思います。


*英語のカタカナ表記、悩みますね。私の感覚だとborderlessは、「ボーダーレス」なのですが、ネット上では「ボーダレス」という記載を多く見かけましたので、こちらを採用します。

IMG_0752




















カウンセリングって何するの?


こんにちは!
臨床心理士・公認心理師の澤地です。

とりあえず、カウンセリングを極めてシンプルに定義すると、


「カウンセラーと患者さんが対話を重ねながら、
患者さんの悩みになんらかの好ましい変化を与えようとする試み」

ということになるかもしれません。

つまり、「対話」といっても、
ただ単にカウンセラーがうんうんと頷いて
患者さんの悩みを聴いているだけではなく、

「好ましい変化を与える」という明確な目的に沿って
コミュニケーションを図るということになります。

 

 そして、そうした目的を持ったカウンセリングに臨む
カウンセラーの基本姿勢というものを、下記に列挙してみます。


・患者さんが自然に躊躇なく自分を語れるよう、

 積極的な姿勢で耳を傾け、
 患者さんの心境や悩みをそのまま受け入れ理解する。

・一方で、意図的に患者さんの話を引き出したり、
 不必要に話を深めたり、つらい体験を無理に思い出させない。
 話したくなければ、話さなくてもいいことを保証する。

・患者さんと協力して繰り返し問題点を整理し、
 問題が生じ、維持されているメカニズムを
 患者さん自身が把握できるよう「気づき」を促す。

・カウンセラーの人生観や価値観を押し付けない範囲で、
 必要に応じて日常生活のアドバイスやメンタルヘルスに関する教育を行う。

カウンセリング2










アメリカのTVドラマ『In Treatment のワンシーン 


「好ましい変化」であったとしても、「変化」には痛みが伴うことがあります。

変化を促すには、悩みという苦痛をつくり出している当の部分に
触れなければならなくなるからです。

上述したカウンセラーの基本姿勢は、
痛みによって変化の意欲が低下しないよう患者さんを支えながら、
患者さん自身が問題に向き合えるための工夫と言えるかもしれません。


---------------------------------------------------------
参考文献:

大野裕『保健、医療、福祉、教育にいかす 簡易型認知行動療法実践マニュアル』きずな出版、2018
笠原嘉『精神科における予診・初診・初期治療』星和書店、2007
滝川一廣「精神療法とはなにか」in『治療のテルモピュライ―中井久夫の仕事を考え直す―』星和書店、1998
東畑開人『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』医学書院、2019
光元和憲『内省心理療法入門』山王出版、1997

↑このページのトップヘ