そらブログ

めじろそらクリニックのblogです。

子供の頃から本が大好きでした。

と言っても、
文学集を隅から隅まで読んだとか、
この作家の本なら何度も繰り返し読んだとか、
そんな熱狂的な読み手ではなかったと思います。

本に囲まれていれば、ワクワクする。
あれを読もうか、これを読もうか、
迷うことからして楽しい。
そんな子供でした。

今も、出かける時は
いつもバッグに本を入れていきます。
ないと落ち着きません。

職業と、自分の興味のど真ん中が
重なっているので、
専門分野の本を読んでいることが多いのですが、
少し行き詰まっているかも?と感じたら、
全く関係ない本を手に取ります。

すると、本が思いがけない言葉を
プレゼントしてくれることがあるのです。

「日日是好日」森下典子著
樹木希林さんが出演されている、最後の映画の原作です。

「雨の日は、雨を聴くこと」という章では、
ある滝のように雨が降る日の午後、
お茶のお稽古に臨んでいた時の体験が綴られています。

その中の一節が、私の心に沁み入るように響きました。
今日、もしかしたら私と似たような気分でいる貴方にも届きますように。 

==== 『日日是好日』より ====

こんなふうに一心に雨を聴いたことはなかった。
雨音の密林の奥深く、分け入っていくような気がした。
ドキドキする。
生々しくて、なんだか恐ろしい。
だけど、もっと先へ分け入りたくなる。

<中略>

突如、だだっ広い場所に、私はいた。
ここはどこだろう?
私をさえぎるものは何もなかった。

手順を間違えてはならないという緊張も、
抱え込んだままで常に気にかかっている仕事も、
今日帰ったらしなければいけない用事も、何もなかった。

自分はもっと頑張らなくてはダメだという思いも、
他人から好かれ評価されなければ
自分は無価値なのではないかという不安も、
人に弱みを見られたくないという恐怖感も、
消えていた。

とてつもなく自由だった。
生暖かい大粒の雨を、
肌に痛いほど激しく浴びているかのようだ。
嬉しくて楽しくて、子供のように歓声を上げながら、
目も開けられないほどのどしゃぶりの雨に洗われているみたいだ。
こんな自由、今まで知らない。

 どこまで遠くへ行っても、そこは広がった自分の裾野だった。
 ずーっとここにいたし、どこかにいく必要もなかった。
 してはいけないことなど、何もない。
 しなければいけないことも、何もない。
 足りないものなど、何もない。
 私はただ、いるということだけで、百パーセントを満たしていた。

PB061460




メルボルンに行ってきました。
着いた日は、半袖でも汗ばむような陽気だったのに、
翌日は、ライトダウンを着ていても寒いぐらい。

この地に長く住む人が言うには、
メルボルンは1日の中にも四季がある街。
それほどお天気が変わりやすいらしい。

さて。
今回の旅の目的は、
Acceptance & Commitment Therapyのワークショップへの参加。

でも、それはまたの機会に触れることにして、
今日は、マルクス・アウレリウスのこの言葉から。
初めて目にした時、衝撃を受けました。

===============================
 "Everything we hear is an opnion, not a fact.
  Everything we see is a perspective, not the truth"
                                                           by Marcus Aurelius

私達の耳に入るすべてのことは、単に意見であって、事実ではない。
私達が見ているものも、そう見えているというだけで、
それがすなわち真実というわけではない。
=============================== 

論より証拠。
メルボルンのセント・パトリック大聖堂のステンドグラス:
(私が撮ったもの)
IMG_0130

















(友人が、そこ、私も行ったよ〜と送ってくれたもの)
IMG_0201


同じステンドグラスなのに
こんなに色みが違うなんて!!

先週の始め、体調を崩しました。
しんどさのピークは2日程度でしたが、
それが過ぎたら、今度は顔が むくむ、むくむ。
細い目に下ぶくれの、まるでオカメさんでした(涙)

でも、楽しみにしていた予定が目白押しだったので、
マスクを併用しつつ参加。

結果、昨日はさすがに体力と気力が消耗していることを自覚。
こうなると、どうもタスクが先延ばしになってしまいます。
(メールの返事がすぐ来ないな〜と思った方、すみません)

で、あろうことか、to do はとりあえず脇に置いて、
「プーと大人になった僕」を近くの映画館で観てきました。

その中でプーさんが言ってくれた言葉がコレ↓
"Doing nothing often leads to the very best something"
何もしないことが、最良の何かをもたらしたりするよ。

 素直に納得して、昨日はもう何もせずに寝ました。
単純なもので、今日一日は、少し気力が戻ってきているのを感じます。

いっぱいいっぱいになってしまっていると感じたら…
「何もしないこと」
プーさんから大切なことを学びました。
 78519008

このまま涼しくなっていくのか?
と思いきや、10月なのに真夏日到来。
今年の天候には思い切り振り回されている気がします。

私たちの思考には、どうやら慣性の法則があるようで、
涼しくなっていく外気に馴染もうとしているところに、
暑い1日が出現すると、どこか裏切られたような気がしてしまうのですね。

自然現象に対してすら、そう思うのですから、
いわんや人に対してをや。

安定した関係を築いている、と思っていた人が
いつもと違う態度を示してきたら、結構動揺しませんか?

そして、あの時言ったあの言葉がまずかったか、
いや、何か返事を忘れて失礼しているのかも…
などなど、疑惑の無限ループにはまってしまうことがあるのでは。

私はあります。
特に疲れている時は。

本当のところ、
その人に他意は全くなく、
他のことに気をとられていただけかもしれない。
いや、でも、やっぱり私が何かしでかした?
(粗忽者なので、十分ありうる…)

わかるわけのない正解を求めて、脳がフル回転するので、
一層、疲れます。

こんな悪循環を救ってくれたのが、
Acceptance & Commitment Therapyで出会った考え方。

「その思考は、自分にとって役に立っているか?」

その思考が正解かどうか、ではなく、
そのことを考えることが、何か自分のためになっているか?

自分のためになっているのであれば、考え続けたらいいし、
そうでなければ、考えなくたっていいのだ、ということ。

シンプルな基準だけど、私にとっては効果てきめん。

しかつめ顔をして、何かの正解を求めるのに躍起になっている自分がいたら、
心の中でそっと聞いてみることにしています。
「それを考えることは、私の役に立っている?」 
P7011202

P1011332こんにちは、吉平です。
M家の人間が頼りないので番犬をしています。

M家は約1名を除き、ネコ派なので、
ボクは肩身の狭い思いをすることがありますが、
できる範囲で好き勝手をしています。

でも、この家にもらわれてきたばかりの時は、
ボクはなんでもかんでも遠慮していました。

ヒトのそばにいるのが大好きなボクですが、
目の前でドアが閉められてもシュンとしているだけでした。

でも、ある時、たまたま背伸びして
ドアノブに前足をかけたら、ドアが開いたのです。

ナントイウコトダ、ドアガアイタ!!!

有頂天になってしまったボクは、
次の日も同じことを試みてみました。
でも、1回目は前足がドアノブにかすっただけ。

アレ?

昨日はうまいことドアが開いたのに、おかしい。
その時のフォームを思い出すと、
もう少し上体が大きく伸びていた気がします。

そこで、2回目は後足を踏みしめて、
もっと思い切り伸び上がってみました。
すると、今度は前足がしっかりとノブにかかって、
ドアが開いたのです!!

コレダ、コノカンカクダ。

ふと、横を見ると、M家のYが
「うわ〜、これぞPDCA!」
と何やら興奮してノートにメモっています。

どうもYは、それまで、
Plan-Do-Check-ActのDoとActの違いを
知らなかったようです。
なぜ、Plan-Do-Check-Doじゃダメなの、
って、Yは全然ものごとをわかってませんね。

Plan(ドアを開けたい)っていう気持ちがあって、
Do(やってみたら開いた)そして、
Check(どうして開いたのかを振り返る)があっての、
Act(こうすれば開く)

だから、DoとActは、やってることは同じに見えても、本質的に違ってる。
そこには、「たまたま」から「確信」への進化があるんだよね。

何かができるようになっていくって、
こういうことの積み重ねなんじゃないかな。 

そうそう、DoがあったからActにつながったことを忘れないでね。
まずは、◯◯したいって具体的に思うこと。
そして、いろいろと試してみること。 
うまくいかなかったとしても、
これではうまくいかない、ということがハッキリするから、
次に見えてくることがある。
今や、家のドアならどこでも開けられるようになったボクの言うことを信じてほしい。

ドアの閉め方も習得するように、とYには言われているけれど、
それはまた別の話。 

↑このページのトップヘ